オオマルバコンロンソウ

アブラナ科 タネツケバナ属
近畿~中国地方の山地の一部に見られる多年草。
高さ15cm程度。
葉は3出葉で、小葉は丸く長さ2cm程度。
春に開花。
マルバコンロソウとの違いは、茎には毛が散生し、葉柄の基部には付属体がない。
普通3小葉。大きな個体では、羽状複葉の葉が出ることもある。
撮影 広島県

オオマルバノコンロンソウ.jpg
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント